MENU

ブラックリストはいずれ解除される

多額の借金を抱えて追い詰められてしまっているのなら、迷わずに債務整理を行うことをおすすめします。借金に苦しむ人が陥ってしまう最悪のパターンが、借金を返済するためにまた別の借金を重ねてしまうことです。それで借金の一時しのぎができたとしてもいずれは必ず返済不能に陥り更に莫大な借金を抱えることになります。

 

また多重債務に陥るとまともな金融機関からお金を借りることはできなくなるため、違法なヤミ金融に手を出し人生そのものを破滅させてしまうケースも珍しくありません。そのような事態に陥る前に、借金が自分の手には負えないと判断したら弁護士や司法書士といった専門家に相談をして、実現可能な返済計画を立て直すことが絶対に必要です。

 

ブラックリスト入りは仕方ない

債務整理とは借金に苦しむ人を救うための手立てではありますが、メリットだけでなく残念ながらデメリットも存在します。そのなかでも影響が大きいのは、個人の信用情報に傷が付きいわゆるブラックリストに載ってしまうというものです。どんな会社のサービスであれ金融機関を利用するとその情報が個人信用情報機関という場所に記録されます。

 

あらゆる金融機関はこの個人信用情報機関にある情報を元に借入などの審査を行っているため、ここでブラックリスト判定をされるとほぼ全てのサービスで新たな借入が行えなくなります。キャッシングサービスだけでなくローンやクレジットカードの使用なども同様に不可能となり、基本的にはあらゆる買い物が現金でしかできなくなるということです。

 

債務整理そのものは国によって認められている大切な権利ですが、いくら借金を踏み倒しても許されるということはもちろんありません。返済不能となり金融機関に損害を与えたぶんのペナルティとしてその程度の不自由さは受け入れる必要があるでしょう。

 

しかしブラックリストは永遠ではない

ブラックリストに載り借金はおろかクレジットカード決済もできなくなると言われると、現代社会においては非常に息苦しい思いをしなければならないのではないかと過剰に恐れてしまう人もいるかも知れません。ですが、一度ブラックリストに載ったからといって実は永遠にその情報が消えないわけではないのです。一定の期間、それ以上信用情報に傷を付けるようなことをしなければブラックリストからは名前が消されることになっています。

 

そうなれば以前のように再びキャッシングを行うこともクレジットカードを作ることも可能になります。では具体的にどの程度の期間が経てばブラックリストから除外されるのかですが、残念ながら悪用を防ぐため正確な期間は公表されていません。ただし一般的には、約五年ほどで解除されると言われています。

 

債務整理の方法には、任意整理、個人再生、自己破産の三つがあります。このうち任意整理は債務整理後に新たな返済計画を立て、きちんと返済を完了してから五年後にブラックリスト解除となるとされています。個人再生の場合は裁判所による免責が確定してから五年後となると考えられています。

 

自己破産は財産の全てを処分してそれでも残った借金は免除してもらうという方法ですが、ブラックリスト解除のタイミングははっきりしていません。どの方法にせよ約五年というだけであって正確な情報はないので気をつけましょう。

 

もし債務整理から約五年が経過して新たにキャッシング利用やクレジットカード使用を考えているのであれば、事前に個人信用情報機関に問い合わせをして自分の信用情報をチェックしておくと安心です。自分はブラックリスト入りしているから普通の借金はもうできないと、安易に怪しい金融機関に手を出すのだけは絶対にやめましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日