MENU

債権回収会社が出てきた時の対応方法

キャッシング会社のCMなどでよく「ご利用は計画的に」「無理のない返済計画を」と謳われているように、キャッシングを利用するにはきちんと返済をすることが大前提です。予定通りきちんと返済をできていれば問題はありませんが、返済期日を過ぎてもお金を返すことができなかった場合、どうなるのでしょうか。

 

まず電話や督促状などで、キャッシング会社から返済を促す連絡がきます。その時に初めて返済が遅れたことに気付く人もいるかもしれません。延滞手数料が上乗せされる場合もありますが、その時点ですぐに返済額を支払うことができれば、それ以上の問題にはなりません。たいていの場合は電話や督促状などの連絡は一度ではなく、一定期間繰り返して行われるので、何度か返済のチャンスが与えられるようになっています。キャッシング会社によっては担当者が自宅まで訪問をすることもあるようです。

 

しかし、万が一それでも返済できない状態が続いた場合は一体どうなるのでしょうか。その場合、多くの金融機関やキャッシング会社は債権の管理回収を専門に行う債権回収会社(サービサー)に債権管理業務を委託します。債権回収会社は「債権管理回収業に関する特別措置法」に基づいて法務省に認可されている会社です。

 

債務者に対して、債権回収会社はまず「支払督促申立書」を郵送します。債権回収会社はキャッシング会社から債権を買い取っているため、当然その分返済額も上乗せされています。この支払督促申立書には、記載されている金額を期日までに一括返済できなければ、強制執行=給与や口座、その他の財産の差し押さえを行うという内容が記載されており、何の手続きもしなければこの内容を承諾したとみなされます。ただ、債権回収会社が出てくるような事態を引き起こしている場合、一括で返済することは不可能なことが多いでしょう。強制執行を防ぐために異議申し立てをし、債権回収会社と交渉することができます。

 

債権回収会社との交渉

異議申し立て後は交渉の場が裁判所にうつされます。もちろん基本的に債務者には借入した金額の全額を支払う義務がありますが、それが不可能であるためにこのような事態を引き起こしているわけですから、簡単に返済することは難しいでしょう。そのような場合、債権回収会社と返済額の減額を交渉することもできます。

 

「債権回収会社」と聞くと厳しい取り立てや交渉が過酷になることをイメージされるかもしれませんが、逆に違法な取り立てが行われないように設置された制度なので、必要以上に怖がることはありません。実際に返済額の減額が認められ、債務者にとっても無理のない条件で和解に至る事例も少なくないようです。

 

法律で認められている債務の整理する方法として、「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」という4つの段階がありますが、この時点ですでに任意整理と特定調停はまず不可能でしょう。個人再生は、原則として5分の1に減額された債務額を3〜5年間で支払う再生計画案が裁判所に認可され、その支払いを無事に期日内に終えることができれば残りの負債額の支払いは免責されるというものです。

 

自己破産と違って債務額の全てが免責されるわけではありませんが、そのかわり条件を満たせば住宅や車などの財産を手放さずにすみ、強制執行が行われることもありません。ただしもともとの支払い義務のある債務額の全額を返済したことにはなりませんので、当然「ブラックリスト入り」は免れません。

 

日ごろの生活を見直し自立した生活へ

このような事態に陥った時に何よりも大事なのは、日ごろの生活の立て直しです。借りたお金が返せなくなってしまったという生活状況を見直さなければ、本当の意味で問題が解決したことにはなりません。

 

生活保護はたびたびニュースにも取り上げられ話題にのぼることが多いですが、同じく厚生労働者が管轄する生活困窮者自立支援制度という制度もあり、自立支援事業、住宅確保給付金の支給、就労支援、家計相談支援など、ひとりひとりの状況に合わせた支援サポートを受けることができます。

 

その他国から生活費の融資が受けられる生活福祉資金貸付制度、年金を担保にした年金担保貸付制度やひとり親家庭を支援する貸付制度など、様々な制度がありますので、必要に応じて都道府県、市町村の相談窓口に相談しましょう。債務整理の方法はいくつかありますが、返済をしていくと同時に毎日の生活で自立を図ることで、根本から問題を解決しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日