MENU

保証人と連帯保証人の説明

保証人と連帯保証人というのは何が違うのでしょうか。銀行などからお金を借りるとき、これらの保証人が必要となりますが、保証人と連帯保証人の違いをしっかりわかっている方はどれくらいいるでしょうか。ここではこの2種類の保証人について説明をしていきます。

 

保証人

保証人とは、お金を借りた人に支払い能力がなくなったとき、保証人がその支払い義務を負うことになります。銀行などから借入をするときに立てるのがこの保証人ですが、それは連帯保証人も同じです。支払の義務という面で保証人は借入者に返済能力があれば、何もする必要はありません。借りている人に何か問題が生じれば、そのときは責任を負うことになります。

 

連帯保証人

連帯保証人は保証人よりも責任ははるかに重くなります。借入者と同じだけの責任を負うのが連帯保証人なので、借入者に返済能力があっても、連帯保証人のほうが支払い能力があると判断されたら、連帯保証人はその支払を拒むことはできません。つまり、保証人は借入者に何かあったらそこで初めて返済義務を負うことになりますが、連帯保証人は借入者に何もなくても、返済の義務を負わなければならないときがあるということなのです。

 

キャッシングでは保証人は必要?

基本的にキャッシングをするときには、保証人は必要になりません。自分の責任だけで返していくのが大前提ですので、キャッシングのさいに保証人や連帯保証人を立てることはありません。ただ、銀行に融資を頼むときなどは保証人制度に基づいて、個人事業者にもそれはありますが、キャッシングでは自分でお金を管理し、返していくというのが大事なので、自分自身のお金に対する自制心が多大に必要となるだけでなく、お金を定期的に返済していく計画性も求められているのです。

 

申し込みから返済までの流れをきちんと理解し、滞りのないキャッシング生活を送っていくことでキャッシング会社も安心して貸付ができますし、利用者側も安心してお金を借りたりできるでしょう。担保や保証人が必要なのはカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンと呼ばれるローンです。ただし、これらは担保が必要なぶん、低金利で提供されているサービスです。これらのローンに関して担保を用意できる方は特に心配せず、借りることができるでしょう。

 

  • キャッシングにおいて保証人は要らないが、知識として入れておこう!
  • キャッシングは保証人不要の代わりに自制心や計画性が求められる。
  • 担保や保証人が用意できるのであれば目的別ローンを借りるのもいい。

 

まとめ

キャッシングには保証人は必要ありません。しかし、保証人がいないぶん、金利は高めですし返済も長くなってしまうのが常です。ですから、基本的にお金を借りるときというのは保証人が必要であるということを頭に入れておくだけでなく、保証人が用意できるならキャッシング以外に目的別ローンの利用も考えて見てはいかがでしょうか。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日