MENU

計算方法によっては返済総額が変わる

借金をすれば利息が付く事はだれでも理解している事ですが、意外と知らないのがその計算方法です。よく利率が何%などという数字を見かけますが、その数字がどのように適用されているかまではよくわからないといった人も少なくないのではないでしょうか。利息の計算方法は2つありますのでそれらをご紹介します。

 

利息ゼロで借入れできる無利息期間ありのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

元利均等返済方法

まずご紹介するのは元利均等返済という利息の計算方法です。これは多くのローンで活用されている方法で、毎月の支払い額が最初に確定しており、初回から最終回までの返済予定表などを見ればすぐにわかると思います。月々の返済額が一定なので、返済計画が立てやすいのが利点なので、多くの人がこの利息計算方法に従ったローンを返済しています。

 

ですが、じつはこの方法で最後まで返済をすると、支払う利息は多くなってしまうのです。毎月の支払い額は同じでも、その内訳を見ると元金と利息の割合が違う事に気づくかもしれません。この方法だと、初回が最も利息の割合が多く、元金がもっとも少ない状態でのスタートになります。

 

返済を進めていくにつれて利息の額は坂を下るように緩やかに減り、それに対して元金の返済額が坂を上るように緩やかに増えて行く事で常に一定の額をキープしているのです。ですから、ローンを組んでからわりと時間が経っていない段階でその借金を完済したりすると、思った以上に元金が残っていて全然借金が減っていなかったという事に改めて気付かされたりします。

 

元金均等返済方法

毎月の返済額が一定な元利均等返済方法に対して、毎月返済額が変わっていくのがこの元利均等返済方法です。この場合、均等なのは毎月の返済総額ではなく、毎月返済する元金が均等になります。

 

ですから、一回目も最終回も返済する元金は同じです。では利息はどうなるかというと、毎回の借金の残高に対して利息がかかる考え方になるので、一番利息が高いのは初回です。そこから元金は毎回わずかでも減っていくわけですから、残金にかかる利息は当然少なくなるわけです。

 

そうなると、毎月均等な元金に加えて、利息はどんどん少なくなっていく事になりますから。返済額も減っていく事になります。この方法で返済をすると、元利均等返済方法に比べると返済総額は少なくて済みますが、初回の返済額が最も大きくなってしまうので、これから借金をしようという人にとっては当初の返済が大変になってしまう点でデメリットと感じる人もいます。

 

まとめ

利息の仕組みは、普段あまり接する事ではない分だけになかなかわかりにくいものです。ですが、その利息の計算方法によっては返済総額が変わってくる事もありますので、利率だけでなく気にしたい部分でもあります。

 

借金の返済は繰り上げ返済なども利用すると、少しでも支払う利息を節約する事ができます。どのように返済すればよりメリットがあるのかどうかについて、わからない事があれば利用先の会社に相談すれば専門知識のあるスタッフが説明してくれますので、ぜひ活用したいですね。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日