MENU

親展の郵便物には要注意

キャッシングは学生でも利用することが可能です。アルバイトで本人に定期的な収入があれば限度額は低くなりますが、問題なく利用できます。親バレが困る、なるべくなら両親にはキャッシングをしていることを隠したいという人もいると思いますが、これはきちんと返済をしている限り、分かることはありません。

 

まず契約時の審査で実家に電話をするようなことはありません。学生の本人確認は一人暮らしをしている場合は本人の携帯電話に掛けて行われます。郵便で書類を送る時も現在の住所に届きますので、何の心配もありません。ですが、実家で両親と同居している場合は全く別です。

 

パート・アルバイトも利用できるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

郵便物に注意

キャッシングを利用する場合、まずキャッシング用のキャッシュカードが本人宛に届きます。これには「親展」と書かれています。これは本人以外が開けないようにという強い表現です。キャッシング業者からすると他の人に分からないように配慮しているつもりなのですが、この気遣いが逆に問題になることがあります。

 

この親展と書かれた郵便物は、普通そう届くものではありません。それだけ重要だという表現になりますので、子供宛にこのような郵便物が何度も届くと両親も何かあったのではないかと心配してしまい、郵便物を勝手に開封して確認しようとしてしまうかも知れません。中身を見られてしまうとキャッシングをしていることが発覚してしまいます。

 

またきちんと返済を行っていれば催促の電話等が掛かってくることはありませんが、逆に優良客だと判断されてしまい、上限額を増やしませんか等の勧誘の電話が掛かってくることがあります。電話だけでなく、郵便物で送られてくる場合も多くあります。外からはキャッシング業者とは分からない封筒で届く場合でも、キャッシュカードと同じように親展が仇になる可能性があります。

 

このような新たな勧誘の電話やダイレクトメールはキャッシング業者に電話をすることで止まりますので、困る場合は最初にそのような電話やダイレクトメールはやめて欲しいと伝えておきましょう。こういったことは中小のキャッシング業者を利用していると多いです。大手より営業活動が盛んなので、契約をした後にも色々な勧誘をしてきます。ですので学生で両親と同居の場合、キャッシングを利用する際は大手の業者を選びましょう。

 

インターネットから申込みできる業者を利用

大手では、ネット上から申し込みができる業者も多くあります。その中で「WEB完結」と呼ばれる申し込み方法があり、これを利用すると一切郵便物は届きません。通常郵便物で送られてくる内容は全く届かない、もしくはメールで届きます。両親と同居の場合、この申し込み方法が一番安全だと思います。

 

申し込む際にパソコンを使えない人もいるかも知れません。また両親と共用のパソコンの場合、閲覧履歴等からそういった業者のサイトを見ていたことが分かってしまう危険性があります。また同様の理由から、学校など公共の場所にあるパソコンからの契約もあまりおすすめできません。

 

そのようにパソコンを使うことが難しい環境にある場合におすすめなのが、スマホからの契約です。スマホなら外出先から少し時間があれば誰にも気付かれずに契約することが可能です。WEB完結の申し込みをスマホからすることで、両親と同居していても誰にも気付かれずにキャッシングをすることができます。

 

ですが返済が遅れるようなことがあると、電話が掛かってくる可能性がない訳ではありません。気付かれずに申し込みができたことで安心せず、その後もきちんと利用することが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日