MENU

振り込みとカードのタイムリミットに注意

即日融資の方法は、振り込みとカードキャッシングの2つがあります。振り込みの場合には、銀行の営業時間内に振り込み依頼が終わっている必要がありますので、いつでもどこでも可能というわけにはいきません。通常銀行は平日15時までが窓口営業時間です。振り込み処理については、キャッシングにかかわらずあらゆる件で当日振り込みは14時までに依頼を済ませておかなければなりません。

 

初めてキャッシングを利用するにあたっては審査を受けなければなりませんので、申し込み後すぐに借り入れとはなりません。審査には早くて30分、時間がかかる場合はその限りではなく、場合によっては当日中の審査が難しいという事態も個人の状況によってはあり得ます。

 

ですから、キャッシングを振り込みで利用したいという場合にはなるべく早い時間に申し込み、まずは審査を終わらせるという作業が必要になります。本人確認書類などを提出ができるのであれば、店舗でなくても契約はできます。スマートフォンやパソコンから本人確認書類を撮影したものを送ったり、FAXを使用したりすればそのまま電話やインターネットから手続きを続行する事も可能です。

 

振り込み希望であれば、インターネットバンキングの口座やその他業者指定の口座を所有していたりと、条件次第ではWEBで全てを完結できるシステムを採用している業者もあります。その場合、銀行の営業時間には関係なく、24時間いつでも依頼後にすぐ口座に振り込みを行うといったサービスが可能な場合もあります。これは全ての業者が24時間振り込み対応可能なわけではなく、一部の業者となっています。

 

すぐに振り込みしてもらうには?

所定の口座をもともと持っているのであれば初めての利用であっても即振り込みが利用できますが、もしも持っていなくて新たに口座を作る時間がないという事であれば、即日の振り込みは厳しいでしょう。カートキャッシングならば振り込みよりも時間の幅が大きいので、必要な時にすぐ借り入れをできる可能性が高まります。

 

それでも営業時間には限りがありますので、利用先の営業時間を確認しておきましょう。どこの金融業者の自動契約機もあさ9時から夜21時ぐらいまでならほとんど営業しています。また、自動契約機であれば年末年始を除いた1年中で営業しており、平日も休日も同じ営業時間である事が多いです。

 

インターネットや電話で先に申し込みをしておいて、既に審査の結果が出ているのであれば、あとは自動契約機でカードさえ受け取ればもうすぐにでも融資を受ける事ができますので、時間的に余裕がない時には夜遅くまで営業しているそれら自動契約機でカードを受け取り、銀行やコンビニなどにある各種ATMを利用しましょう。

 

審査時には在籍確認が行われる

審査の時には、最初に申告した勤務先に本当に勤めているのかどうかを確認するため、電話での在籍確認をする事になっています。キャッシング業者が職場に電話をした時に誰も出なかったり、申込者本人が不在だった場合にはどうすればいいかと心配になるかもしれません。消費者金融であれば、在籍確認は電話以外の方法でも対応が可能になる場合もあります。

 

また、電話の際には消費者金融は社名を名乗らずに担当の個人名で問い合わせをする事になっています。本人確認書類以外に収入証明書や社会保険証など、別途書類を準備しなければならくなるかもしれませんので、物理的に在籍確認ができない状況であれば、申し込みの段階でその点を相談してみると別の方法を提案してくれるでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日